--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27
2013

+++"The Flotation Device" makes snowboard on powder much better+++

CATEGORYSNOWBOARD
スタッフのシナジです。

先日に引き続きMarvin13-14モデルからLibtechが誇るパウダーボードBirdmanのご紹介です。
lib-tech-birdman-proty.jpg


PROTYのBOSSであり、PSA公認プロスノーボーダー石田博敏愛用モデル。
スイスLAAX、野沢温泉のパウダーでも大活躍のパウダーボードです。

以前のBlogにもBirdmanを少しご紹介させて頂きましたが

↓こちらは12-13モデルのBirdman
1213_lib_birdman.png

Interstyleへ行き13-14モデルを実際に見て触った感想を少し書きたいと思います。

まずBent(形状)はLibtechのお家芸BTXになっておりパウダーでの浮遊力が他の板とは比べ物になりません。
timthumb.jpeg

もちろんMagnetraction標準搭載になっておりパウダー上でもLibtechならではのエッジグリップも健在です。
327581774_640.jpeg

とここまでは通常のLibtechの板と同じかと思いきや

巷では取り回しがしやすいという事で"Burton"の"Fishcut"の様な短めのパウダーボードが流行っていますが
http://blog-imgs-42.fc2.com/p/r/o/protyblog/burton-fishcuit-snowboard-2013-150-front.jpeg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-42.fc2.com/p/r/o/protyblog/burton-fishcuit-snowboard-2013-150-fronts.jpeg" alt="burton-fishcuit-snowboard-2013-150-front.jpeg" border="0" width="385" height="385" /></a>">burton-fishcuit-snowboard-2013-150-front.jpeg

このBirdmanは基本的には自分の身長と同じ長さ!というのが一つの選定基準になっております。
それによって今迄までのパウダーボードの様にどうしてもノーズが沈まないように後ろ足に加重をかけつつ後ろ足で操作する様な、いわゆるサーフィンの様な乗り方だったのが、このBirdmanではBTXと長いレングス、そしてFlotation Device通称"F.D."と呼ばれる特殊なノーズ構造により今迄と同じ、圧雪ゲレンデ上と同じ滑り方をしてもノーズが沈む心配が全くない、今迄に無かったパウダーボードとなりました。
圧雪ゲレンデは上手く滑れるのに、パウダーの日には上手く滑れないといったほとんどのスノーボーダーが抱える悩みを一掃してくれた魔法のパウダーボードです。
しっかりと前足から踏んでターンを開始して、後ろ足でノーズをしっかり踏む。という基本の動きが
パウダーボードで可能になりました。

そしてなんといってもこのグラフィック。
Libtechの上位ラインにしか施されないラメが板全体に散りばめられ非常に美しい一本に仕上がっております。

来期LIB TECHも非常に魅力あるラインナップで揃えてきました。
店頭に来期カタログ、写真沢山ございますので、お気軽に店頭にお越し下さいませ。
お得な特典が付く早期予約承っております。
お客様のご来店をスタッフ一同お持ち致しております。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。